yunahica | 上質な素材と着る人の魅力を引き出すデザイン。心地よく、大人に似合う日常着をつくっています。

2019 4/18

初夏のような眩しい日差しに、少しずつ衣替えを始めた。

もう着ない(はず)ダウンやウールのコート、タートルネックのニットはクリーニングへ。

ウールデイパンツもネットに入れて洗濯機で洗い、代わりにコットンデイパンツを出した。

きっとお客様の中にも、私のような方がいらっしゃるのか、

このところコットンデイパンツのご注文が相次いでいる。

現在、再生産中のネイビーとチャコールのサイズ①は、連休が明けた10日過ぎの入荷予定。

連休のお出かけに新調したかった方には申し訳ないが、どうかお待ちいただけたらと思う。

 

シャドウチェックシャツも好評で、もうすぐエクラプレミアム通販やほぼ日サイト、

伊勢丹新宿店などでも販売が始まる。こちらもすでに再生産をかけている。

 

今後はというと、夏の気楽なワンピースを製作中だ。

スイスローン生地が廃盤になってしまったので、昨年までのような布帛のワンピースは

いったんお休みして、今年は薄手ジャージーを使ったカジュアルなものを作っている。

 

そして、連休明けには「大人Tシャツ」も販売開始。

今回はオリジナルではなく、私たちが愛用しているニット&カットソー専門ブランド、

『Firo bianco uno』(フィーロビアンコウーノ)に作ってもらったもの。

大人の女性が気後れせずに着られるシルエット、素材にこだわった。

二の腕をほっそりカバーする長めの袖、薄いのにギリギリ透けないコットン、

襟ぐりの絶妙なラインなど、1枚でも、インナーとしても優秀なTシャツに仕上がった。

 

少し長い休みをいただきますが、どうかよろしくお願いします。

盛りだくさんのyunahicaの夏をお楽しみに!(y)

2019 4/14

2019 4/14

私の相棒である、陽子さんが着物の世界に足を踏み入れたのは、

yunahicaを立ち上げる少し前だったでしょうか。

そこからの猛スピードダッシュには目をみはるものがありました。

人が好きなものと出会い、どツボにはまり疾走していく様子を

目の当たりにした感じです。

持ち前のセンスの良さと、良いものを見つけ出す嗅覚、審美眼が相まって、

それはそれは嬉しそうに買物する様子を面白おかしく眺めていました。

 

私は着物には手を出さないという決心があります。

そんな私でも魅力的な反物や帯を見たり選んだりするのは大好き。

買物にお供した際には、自分は着ないのに物欲が湧き上がる。

着物の魔力に取り憑かれる気持ちは十分理解します。

ここからが陽子さんの凄い所です。

「買ったからには着る。」宣言通り、友人達との会食には必ず着物。旅のドレスアップも着物。

勤勉で真面目な気質もあり貪欲に知識を吸収し、工夫し、着付けの技術もみるみる上達。

その頻度は年々増え続け、日常着と化してきています。

yunahica危うしです。

最近では「あれ、今日は洋服なのね。」というほど着物の人となりました。

着物備忘録としてスタートさせたインスタグラム@yhyamasaki に端を発し、

とうとう、山崎陽子の本『きものが着たくなったなら』の出版にまで辿り着きました。

(アマゾンにて予約受付開始致しました!)

 

着ることを楽しむのは洋服も着物も同じです。

自分らしく好きなものを、TPOや生活に馴染んだ装いを個々に構築していく事が大切だと思っています。

お洒落とは、そんな事なのかなと。

洋服のブランドのパートナーが、年の半分近くを着物で過ごしている。

立ち上げ時には想定外の変貌ぶりが「それこそ大人のお洒落!!」と、

私は甚く気に入っている次第です。皆様、是非ご一読下さい!

 

 装いの一環として、香りも大切だと考えています。

今回は山崎監修の着物にも洋服にも合うアロマの香水も作りました。

yunahica 002 も近日発売予定です。(S)

 

2019 3/12

そろそろ桜の開花の便りが聞けそうなほど、暖かい日が続いている。

yunahicaも少しずつ春支度。その第1弾が、スイスローンフリルブラウスの最終販売。

 

3年前に最初のブラウスを作って以来、スイスローンはyunahicaの屋台骨として定番の一角を担ってきた。

皆さんから「黒もまた作ってください」とリクエストをいただいていたので、

春先に販売できたらいいなあ、と生地メーカーに問い合わせたところ、まさかの完売&廃番。

目の前が真っ暗になるくらいのショックを受けた。

でもまた、スイスローンを上回るいい素材に出合うことで、フリルブラウスを進化させようと思っている。

どうか今後の展開を楽しみにお待ちいただければ。

 

さて、この春の新アイテムについてもご案内したい。

初代のサッカーシャツ、2代目のレースシャツに続く、春夏仕様の定番シャツ、第3代が発売に。

名付けて「シャドウチェックシャツ」。

光の具合によって格子が浮かぶ、程よい透け感のある白いコットンシャツを、4月から販売。

また、定番のコットンデイパンツの黒、チャコール、ネイビーも4月にはご用意できる予定だ。

その後、初めてのコラボアイテム、心地よい大人Tシャツもお目見えするし、

アロマパフュームの新作、002もご紹介したい。

 

yunahicaの春にどうぞご期待ください。(y)

2019 2/23

雨水を迎えた途端に、東京は春めいて気温も上がった。

昨日通りかかった駒沢公園では、梅が満開。

顔を近づけて深呼吸、春さきの馥郁たる香りが心のひだに染み込むようだった。

これから次々に芽吹き、花咲き、春の香りが濃くなっていくだろう。

 

さて、先日からオリジナルのアロマパフューム yunahica001の販売を再開している。

サンプルを気に入っていただいた方からのご注文も多く、それが何よりうれしい。

いただいたメールの中から、いくつかコメントをご紹介したい。

「最初は物足りないような気がしましたが、2回、3回と使っていくうちに、たおやかな香りに

心地よさを感じるようになりました。品のある大人の女性の香りですね」(Rさま)

「素晴らしい香りにクオリティの高さを感じました。大手のものとは違うとすぐにわかりました。

香りが変化していくのもたまりません。在庫がなくなる前に2本追加します」(Mさま)

「サンプルを試しましたら、周りからも褒められました」(Nさま)

ホワイトロータスをベースにしたyunahica001、第2期生産分も好評でホッとしている。

 

ディレクター佐伯の香りである001に加え、春には私(山崎)の香り002も完成する予定だ。

クスノキなどのウッド系を加え、さりげない程度に和を感じさせるアロマは、

シックで落ち着きがあり、洋服だけでなく、着物にも似合う。

何度も試し、調合を変え、行き着いた002もまた、どこにも似たものがないオリジナル。

どうかお楽しみに。(y)

2019 1/22

新しい年が始まり、ユナヒカも始動。

猪突猛進とはいかず、相変わらずゆっくりだけれど、着実に製作、生産を進めている。

 

まずは昨年末からお問い合わせが続くアロマパフューム001は、サンプルの配布を開始し、

「実際に香りを試してみたい」という方に郵送。

アロマの調合は2月からで、ボトリングが2月中旬、販売開始は2月末の予定だ。

リクエストの多いウールストレッチデイパンツは、今週末から再販できそう。

その後すぐに、コットンストレッチデイパンツの黒も追加生産に入りたい。

スイスローンのフリルブラウスも、今工場で縫製が進んでいる。

表には見えないが、寒い季節に土中の栄養を吸い上げて開花の準備をする木のように、

各所で頑張りが続く。

 

一昨日、初茶会のお誘いを受け、出かけた。

新年を寿ぐおめでたい茶席をまわり、心身ともに新しい気に満たされた。

見えないところで積む精進が、ほんのわずかに見える部分の美しさや優しさを生み出す。

なんであれ、そうなのだと思う。

一日一日を少しでも丁寧に過ごせたら。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。(y)