yunahica | 上質な素材と着る人の魅力を引き出すデザイン。心地よく、大人に似合う日常着をつくっています。

立春大吉

2020 2/4

立春大吉という言葉が好きだ。

陰暦を使っていた時代は、節分が大晦日。豆をまき「鬼は外、福は内」と邪気を払って、

新しい年を迎えた。そして今日は立春。

暖冬の東京は、もう梅が開いて、すでに春の気が立ち上がっている。

そんな日に、新作2点の販売を始められるのがうれしい。

 

ぐるりと12本のタックを入れたハイネックのブラウスは、

昨年の夏、ビールのCFで杏さんに着てもらうため、ディレクターの佐伯が作ったものを

ベースにしている。多くの反響があり、yunahicaにも「ぜひ作って欲しい」と

リクエストがあった。より扱いやすい素材を探し、デザインも再考して、

満足のいくかたちに仕上がったと思う。

 

ドレッシーな素材のドレスデイパンツは、タックの入れかたにこだわりが。

アシンメトリーなドレープの微妙はゆらぎが、エレガントな表情を生み出した。

今までのストレッチデイパンツとは違い、ゴムは後ろ部分だけなので、

サイズ感は少しだけ大きめ、ゆるめになっている。

カジュアルでスポーティーな今までのデイパンツとは違い、

落ち感のあるとろりとしたパンツは、お出かけ、おめかしにも臆せずはいていける。

ブラウスもパンツも、シワにならず軽いので、旅にも重宝だ。

 

大人の体型をカバーしながらも、さりげなく気品や優雅さを感じさせるトップスとパンツが、

みなさまに気に入っていただけますように。(y)

松過ぎて

2020 1/8

あけましておめでとうございます。

 

今年は2020という切りのよさ、令和になって初めての新年、オリンピックイヤーであることも加わり、

新しいことを始める人にとって、背中を押してくれる要素が揃ったように思う。

yunahicaも5年が経ち、初夏には6年目に入る。

古くなったものはリニューアルし、新しいことにもトライし、アップデートを心がけていきたい。

 

このホームページも、ずぶの素人である山崎が、とりあえず最低限のコンテンツで始めたもので、

5年間というもの、間に合わせのままほったらかしてしまった。

そろそろ素敵なデザインや魅力的な写真で、皆さんに楽しんでもらえるようにすべく、

プロの方の力をお借りすることに。

写真も今まで以上にニュアンスを正確に伝え、よりリアルに感じてもらえるよう、

1眼レフのデジカメを購入。プロ並みのセンスを持つディレクターの佐伯が今、鋭意研究中だ。

 

そんなふうに、今年はものづくりだけでなく、その見せ方や売り方についても更新していけたら!

2020年のyunahicaを、どうぞよろしくお願いいたします。(y)

2019 10/15

台風19号の被害がどんどん明らかになってきました。

これ以上の被害が出ませんように。そして、被災地が復旧し、早く元の生活に戻れるようお祈りいたします。

 

所用で山梨へ出かけ13日に東京に戻る予定が、台風による土砂災害で、中央道の大月〜八王子間が通行止になり、

結局14日に、大月から富士五湖道路に出て、御殿場から東名で帰ってきた。

中央道は、いまだ復旧の見通しが立っていないという。

8月の九州も、9月の千葉も大変だったが、10月の三連休がこんなことになるとは…。

温暖化による気候変動は、すぐに止められるものではない。

これからも大きな災害が起きうることを覚悟して、暮らしていかなければと思う。

 

地震や台風などの災害が起きると、洋服なんて二の次という気持ちになるけれど、

この三連休もご注文をいただき、ほんとうにありがたい。

また、アロマパフュームのお買い求め、サンプル送付希望のメールも途切れることなく、うれしく作業している。

そして、まもなく新作が仕上がってくる。

 

今までデイリーウエアを中心に作ってきたが、今回は初めてブラックフォーマルシリーズを制作した。

組み合わせ次第で、喪の装い、ビジネスシーン、華やかな席にも。

ワンピース、ジャケット、スカートの3型は、単品でもいいし、セットアップの着こなしも可能。

シワにならない素材、立ったり座ったりがラクでゆとりはあるけれど、シルエットがきれい。

いかにもなフォーマルではなく、上品で今どきなニュアンスが感じられるデザインになったと思う。

月末から販売の予定、どうかお楽しみに。(y)

2019 8/31

今年の夏は全国的に無事に終わると思いきや、私の故郷でもある九州北部が豪雨に見舞われてしまった。

毎年水の怖さを思い知る。早く元通りの生活に戻れますように、被災された地域の復旧を祈ります。

 

昨日はディレクターの佐伯と久しぶりに会って、これからのyunahicaをどうしていこうかと

アイデアを出し合った。どんなものがあったらいいかな? 洋服以外のものもつくりたいね、などなど。

評判のよかったものは来年再生産するだけでなく、少しデザインを更新して素材違いを出す。

アロマはナンバー003を調香してもらい、時間をかけて慎重に試作選定していく。

ジュエリーや布小物など、私たちが身につけて満足感を得られるものにもトライしていこう。

関西のお客様から「実際に商品を手に取れるお店が近くにあれば」とリクエストいただいているので、

いずれご縁があれば大阪か神戸のセレクトショップに卸せるようにしたい。

二人でやれることには限界があるし、それぞれ他の仕事もあるので、パンクしない程度に

新しいことに挑戦していければと思う。

 

日本の経済はあまり視界がよろしくないし、景気も上向かない。

このままでは将来への不安も増すばかりだろう。そして、10月には消費税が上がる。

アパレルや通販各社はさまざまな対策を講じていると漏れ聞く。

ただ、私たちはもう数を欲しがる世代ではない。

自分に必要なものと不要なものの線引きだって、若い人たちよりは明確だろう。

駆け込み消費や増税後の冷え込みといった消費者心理につけこむのではなく、

目の肥えたクレバーなyunahicaのお客様の気持ちにフィットするよう、

ものづくりをし、いつもと変わらぬ販売をしていきたい。(y)

2019 7/28

長い梅雨が終わり、ようやく本格的な夏がやってくる。

Tシャツ、シャドウチェックシャツ、コットンジャージードレスと夏仕様の新作をお出ししてきたが、

これにて今季は終了。売り切れたアイテムについては、追加生産せず、来年また作ろうと思う。

 

次は8月後半に、新しいリネンフリルブラウスと昨年好評だったラミーフリルブラウスが出来上がる。

その後は、ずっと作りたいと思っていたデイパンツのお出かけ用が完成する予定。

今までのデイパンツは裾リブで、足首がすぼまったカジュアルなデザインだったが、

新作の裾はすとんとしたシルエットで、仕事や会合、保護者会など、よりオフィシャルな場所にも

臆せずはいていけるようにした。それでいて、はき心地はデイパンツ並み。

カジュアルときれいめ、2本のデイパンツがあれば、日々のおしゃれはほぼカバーできるだろう。

もちろん、定番のデイパンツもしっかり作り続けていくのでご安心を!

 

今年の夏休みは、8/4から8/13の予定です。発送をお休みします。(y)

2019 7/1

今年も半分終わり、後半戦が始まった。

連休後から、アロマパフュームのサンプル送付や商品発送に追われ、

まるで香水屋さんになったような気分だったが、それも少し落ち着いてきた。

 

今月はシャドウチェックシャツの黒が仕上がり、

新作のジャージー素材のギャザーワンピースも出来上がる。

夏の黒はシックでおしゃれ。入荷したらNEWSでご案内いたします。

 

yunahicaはおかげさまで5年目を迎えることができた。

始めたころはゆっくりしたペースで、販売や発送もボチボチだったが、

今は毎日さまざまな仕事をこなさなくてはならないほどに。

初期のように、お一人お一人に丁寧に向かい合うことを心がけてはいるけれど、

お返事が滞ったり、お問い合わせに気づかず日が過ぎてしまうことも。

そして、お客様が返信したつもりでもこちらに届かないケースもよくある。

問い合わせフォームを利用してメールくださるか、お電話いただくか、

数日返事がなかったら、もう一度ご連絡をお願いします。

 

デイパンツ、プルオーバーシャツ、フリルブラウス、アロマパフューム…

これらは人気定番としてずっと作り続けている、

yunahicaの顔になってくれたアイテムたち。

5年目もyunahicaらしい新作を生み出していきたい。

 

これまでありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願いいたします。(y)

 

2019 5/26

連日の30℃超えに、体も頭も心もついていけない。今年もすでに異常気象…

暑くてもいいけれど、どうか猛烈な自然災害が起きないでほしいと願う今日この頃だ。

 

NEWSでも何度か現状報告をさせていただいているが、アロマパフューム002のサンプル送付の

お申し込みがキャパオーバーしてしまった。今までの経験からいうと、100本用意しておけば、

半年くらいもつのだが、すでに180人を超える方々からご希望いただいている。

その理由はというと、ヘア&メークアップアーティストの中野明海さんがお気に入りの香りとして

Instagramでご紹介くださったからだ。ほんとうにありがたく、光栄に思う。

これからも少しずつ郵送していくので、気長にお待ちいただきたい。

 

昨日はあまりの暑さに、002をスプレーした扇子を持ち歩き、ときどきパタパタ扇いだが、

「いい香り」と褒めてもらえ、早速、お買い求めくださった方、店で販売したいと

言ってくださった方も。

 

実は、001も002も30ml入りのミニサイズボトルが出来上がってきた。

小さいサイズについては、割高になるのだが、ご希望があればショップやイベントで

販売しようと考えている。001のフルサイズもまもなく販売再開の予定。

 

私たち二人の趣味が高じて出来上がったアロマパフュームを、

これからもよろしくお願いします。(y)

2019 5/14

長い連休明け、バタバタしていた生活もようやく落ち着き、仕事も元のペースに戻りつつある。

昨日は、コットンストレッチデイパンツの追加分、ネイビーとチャコールのサイズ①が届いた。

そして、新しいアロマパフュームの販売準備も整った。

今日は、アロマパフュームyunahica002について、書いてみようと思う。

 

ちょうど1年前、私(山崎)は洋服にも和服にも似合う香りを求めて、

001でお世話になっている「Coco:Ange」の今昌子さんに製作を依頼した。

ファーストサンプルが8種類、その中から1つ選び、またそれをベースに6種類調香してもらった。

なんども使いながら、篩いにかけて「これ!」という1本を選んだ。

鎮静効果のあるウッド系の落ち着いた香り、001でも使われている上品な花の香り、

そして、香道で使われるオリエンタルな白檀や沈香をわずかにブレンドして、

独特な奥行きのあるアロマパフュームが完成。

本当は個人用として私的に作った香りだったが、ある日ディレクターの佐伯に

サンプルを試してもらったら、

「すごくいい香り。これなら私も使いたいし、002として販売しようよ」ということに。

 

もともと001も佐伯が私的に作ったアロマだったが「その香り、どこで買えますか?」と

聞かれることが多く、だったらyunahicaで商品化しようということになったのだった。

今や追加生産も2期目、すっかり人気アロマとして定着した。

002は、001よりも貴重な香木など、ウッド系の高価なエッセンシャルオイルが多く、

原料代がかさんでしまったが、唯一無二、それだけの価値はあると思っている。

 

おととい、高校の同級生の集まりがあった。

隣に座っていた友達が「山崎のつけてる香りいいね、どこの?」と聞いてきた。

心の中で「やったー!」と 快哉を叫んだのは言うまでもない。(y)

2019 4/18

初夏のような眩しい日差しに、少しずつ衣替えを始めた。

もう着ない(はず)ダウンやウールのコート、タートルネックのニットはクリーニングへ。

ウールデイパンツもネットに入れて洗濯機で洗い、代わりにコットンデイパンツを出した。

きっとお客様の中にも、私のような方がいらっしゃるのか、

このところコットンデイパンツのご注文が相次いでいる。

現在、再生産中のネイビーとチャコールのサイズ①は、連休が明けた10日過ぎの入荷予定。

連休のお出かけに新調したかった方には申し訳ないが、どうかお待ちいただけたらと思う。

 

シャドウチェックシャツも好評で、もうすぐエクラプレミアム通販やほぼ日サイト、

伊勢丹新宿店などでも販売が始まる。こちらもすでに再生産をかけている。

 

今後はというと、夏の気楽なワンピースを製作中だ。

スイスローン生地が廃盤になってしまったので、昨年までのような布帛のワンピースは

いったんお休みして、今年は薄手ジャージーを使ったカジュアルなものを作っている。

 

そして、連休明けには「大人Tシャツ」も販売開始。

今回はオリジナルではなく、私たちが愛用しているニット&カットソー専門ブランド、

『Firo bianco uno』(フィーロビアンコウーノ)に作ってもらったもの。

大人の女性が気後れせずに着られるシルエット、素材にこだわった。

二の腕をほっそりカバーする長めの袖、薄いのにギリギリ透けないコットン、

襟ぐりの絶妙なラインなど、1枚でも、インナーとしても優秀なTシャツに仕上がった。

 

少し長い休みをいただきますが、どうかよろしくお願いします。

盛りだくさんのyunahicaの夏をお楽しみに!(y)

2019 4/14

2019 4/14

私の相棒である、陽子さんが着物の世界に足を踏み入れたのは、

yunahicaを立ち上げる少し前だったでしょうか。

そこからの猛スピードダッシュには目をみはるものがありました。

人が好きなものと出会い、どツボにはまり疾走していく様子を

目の当たりにした感じです。

持ち前のセンスの良さと、良いものを見つけ出す嗅覚、審美眼が相まって、

それはそれは嬉しそうに買物する様子を面白おかしく眺めていました。

 

私は着物には手を出さないという決心があります。

そんな私でも魅力的な反物や帯を見たり選んだりするのは大好き。

買物にお供した際には、自分は着ないのに物欲が湧き上がる。

着物の魔力に取り憑かれる気持ちは十分理解します。

ここからが陽子さんの凄い所です。

「買ったからには着る。」宣言通り、友人達との会食には必ず着物。旅のドレスアップも着物。

勤勉で真面目な気質もあり貪欲に知識を吸収し、工夫し、着付けの技術もみるみる上達。

その頻度は年々増え続け、日常着と化してきています。

yunahica危うしです。

最近では「あれ、今日は洋服なのね。」というほど着物の人となりました。

着物備忘録としてスタートさせたインスタグラム@yhyamasaki に端を発し、

とうとう、山崎陽子の本『きものが着たくなったなら』の出版にまで辿り着きました。

(アマゾンにて予約受付開始致しました!)

 

着ることを楽しむのは洋服も着物も同じです。

自分らしく好きなものを、TPOや生活に馴染んだ装いを個々に構築していく事が大切だと思っています。

お洒落とは、そんな事なのかなと。

洋服のブランドのパートナーが、年の半分近くを着物で過ごしている。

立ち上げ時には想定外の変貌ぶりが「それこそ大人のお洒落!!」と、

私は甚く気に入っている次第です。皆様、是非ご一読下さい!

 

 装いの一環として、香りも大切だと考えています。

今回は山崎監修の着物にも洋服にも合うアロマの香水も作りました。

yunahica 002 も近日発売予定です。(S)